« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

お待たせ致しました!!

G&S  Collection 初登場!!


Dsc04168

Gの羽織紐はアットンブリらしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の浮世絵師 川瀬巴水の世界展

Ag1026_2

 さて、23日は、当イベント、また神楽坂をお楽しみいただけましたでしょうか?

 23日に「望月義也コレクション 歌川広重 名所江戸百景展」を開催していた、アートガレーさんですが、26日からは、大正から昭和にかけて活動し、コレクターの間では「昭和の広重」ともいわれる、川瀬巴水(かわせはすい)の作品を展示されるそうです。

 会期は26日から11月7日まで、ちょっと短めではありますが、近代の日本を版画という表現にて活写した巴水の作品は、必見だと思います。詳しいことは、こちらを。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"和・小物・カフェ"無事、終了!!

おかげさまで、盛況の内に、
来年に続く余韻を残しながら終わりました事、
御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"和・小物・カフェ"稼働します!!

 

毘沙門様にお集まり下さい!!

12:30〜16:30書院にて(17:30〜常磐津の演奏会になります。)
       〜17:30  境内にて(規模を縮小して開催。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月23日(土) 神楽坂毘沙門天書院にて"和・小物・カフェ"開催致します。

Terasakagazou0904   出展者様情報はこちらから!

 着物姿も艶やかに,深まり行く秋の一日を,染め・織り・小物等の和の職人芸と、日本の伝統を和モダンとして表現した女性クリエーターの作品が、10月23日土曜日、神楽坂毘沙門天書院境内(地図)に集合します。

 題して、「和・小物・カフェⅡ」、時間は12時半よりスタートです。詳細は、こちらのページで公開中ですので、是非、ご覧下さい。
 なお、この日は、毎週第4土曜日の神楽坂を着物で散歩する、「着物で神楽坂」のっスタート日でもあります。着物姿の方、着物に興味がある方、神楽坂を歩きたい方、是非、お越し下さいませ!!

 また、この日、10月23日は、神楽坂では様々なイベントがあります。いくつかご紹介いたしますので、お時間ありましたら参加されてみてはいかがでしょう。

 秋深まる神楽坂で、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23日、当日限りのスタンプラリーのお知らせ。

"和・小物・カフェ"受付にて配布される地図に掲載されています店舗の内、10店舗のスタンプラリー参加店を回って、スタンプを5個以上集めた方は、ココットカフェにて、銘仙の絵葉書1枚と交換出来ます。


Dsc04148_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終打ち合わせでした♪

Mtg

 いよいよ今週末「和・小物・カフェ」開催です!当日の天気もよさそうです!

 今日は、当日の担当について打ち合わせしました。

 受付係、お茶係、場内案内係、委託販売係、などなどなど。。。

 なんと、大島紬村さんのご好意で、本場奄美大島紬を借りられることになりました。男女スタッフ各1名ずつ「動くマネキン」となりますよ~。ふふふ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿波踊り!!、秋だけど。

Awa

 まちとびフェスタのイベントの1つで、秋の神楽坂通りを「かぐら連」が練り歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫、猫、猫。帯もあるよ。

C_8_2

 先日お伝えしました化け猫パレードが明日に控える神楽坂には、すでにいろいろな猫がご登場。上の写真は、マグネットポインとさんで販売中の「猫まねぎ」。
 これからご紹介する写真は、茶館パレアナさんで開催中の「猫ざんまい展」から、いくつかの作品を撮影したもの。石塚智之さんが神楽坂と猫をテーマに描いた名古屋帯もありましたよん。

C1 C_1 C_2
C_3 C2 C

C_6  作品はいずれも展示販売中。写真の他にはバックやぬいぐるみ、ブローチなどのアクセサリーもありました。いずれも世界にただ一つ、あなだけの猫ちゃんになります。
 お値段は、お得なような気もするし、作家が売りたくないのかなーと思しき価格もあるし。。。そのあたりは、ご自身の目でお確かめ下さいませwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必見!! "歌川広重 名所江戸百景展" ART GALLEY kagurazaka

アート&カフェ好きにはたまらない新名所が、神楽坂坂上にOPEN!!
Coffee&Art Gallery
ART GALLEY

10/11 - 10/24 開廊記念展第二弾
望月義也コレクション 歌川広重 名所江戸百景展

全景119点+目録+追善絵広重
計121点 一挙公開!

これらの版画の単純さは高度な文化から生まれた純粋な芸術にほかならない。立派な様式をもち、すぐれた線と色彩は調和を構成し、高雅さを備えている。(エミール・ベルナール「ゴッホの手紙』より)

庶民文化として江戸の人々にもてはやされただけでなく、世界の多くの芸術家に影響を与えた「江戸百」が、望月義也氏コレクションのご厚意により神楽坂でお披露目されることとなりました。本物に出会えるこの貴重な機会をぜひお見逃し無く!

主催:Art Galley 望月コレクション 協賛:千代田区ユネスコ協会

☆先日、一寸、コーヒーブレイクでお伺いした時、丁度、展示の真っ最中で、
  思わず、その数の多さと、浮世絵ならではの色彩の美しさに、絶句!!
 23日のイベントの前後でも、ご覧頂けましたら幸いです。。。

Dsc04062_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゃんこの肉球がパンになったぞ!

Nekopan_1

 じゃん!

 にゃんこの手がパンになりました!!!

 以前、ご案内した「化け猫パレード」の開催に合わせ、もしかしたら神楽坂一番のおいしいパン屋との噂もある、天然酵母パン職人もんろーブロートさんが、特別に作られました。もんろーさんは、神出鬼没不定期にパンを販売しておりますが、今回は、

10月17日(土) 14時~(売り切れ御免)
11月 3日(祝) 12時~(売り切れ御免)

の日程で、神楽坂交差点の交番の背後の道を進んだところにあります、茶館パレアナにて販売致します。

Nekopan  パンの大きさは、人の手の平より大きく(!)、平の部分にはあんこ(3種類:白味噌餡、こしあん、白あん)、そして指には、長野県伊那のお多福豆、栗甘納豆、チーズ、胡桃が入っております。
 さらっと書きましたが、なんだかすごそう!!

 お値段は1個370円。

 残念ながら、10月23日の着物イベント日の販売はありませんが、気になる方は、17日にも3日にも、神楽坂へ、着物でGO!
 売り切れ御免ですからね、急いで下さい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和にアロマをとりいれませう。

 アロマテラピスト、西澤昌代によります、アロマセミナー&ハンドマッサージのご案内。

 10月10日(日)     神楽坂、cocotte caFe'
 
    第一回 セミナー      PM1:00〜1:20  ハンドマッサージ  PM1:50〜2:20

    第二回 セミナー      PM 2:30〜2:50 ハンドマッサージ  PM 3:20〜3:50

    第三回 セミナー      PM4:00〜4:20  ハンドマッサージ  PM4:50〜5:20

    ★参加費:お一人様1000円
  ★定員:各回8名迄。ご予約制 ※ハンドマッサージは、各回先着3名様迄
    ★特典:ハーブコーディアルティー(英国製)ピンクジンジャーをご用意しています。
 
 ★お申し込み、お問い合わせは、
  アトリエ登夢E=mailtommo25mac.com  
                                     TEL: 090-3575-4309
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"GoGo銘仙展"神楽坂cocotte cafe'にて、開催中

 大正〜昭和の時代に一世を風靡した銘仙の柄を葉書に、その絵葉書を思い出の着物地でフォトフレームにリメイクした中におさめて、展示予約販売。

 一つ一つ手作りの一点物になります。

お気に入りの1枚を、探しに、足をお運び下さい。

Dsc04044

主催:アトリエ登夢http://tom39.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋な常磐津(ときわづ)を聴いてみよう!

 さて、またまた、まちとびフェスタのパンフレットからの情報となります。和小物カフェ終了後の毘沙門天にて開催されるイベントです。

※以下、パンフレットより抜粋

粋な常磐津(ときわづ)を聴いてみよう!

会場  :毘沙門天書院
日時  :10月23日(土) 17時~19時半
会費  :無料

主催  :常磐津千代太夫直門「千代の子会」

 昨年もほぼ満員の盛況でしたが、今年も、粋な神楽坂に縁の深い古典芸能の一つ常磐津(ときわづ)の保存と普及を目指し、その神楽坂で常磐津教室を開かれている常磐津千代太夫師の門下生による演奏会を開きます。さらに、師匠も一曲演奏して頂く予定です。

出演 :常磐津千代太夫、渡辺喜之、渡辺康成、岡安ひろ子、赤尾敏夫、片山勇、他

連絡先:048-465-2212/070-5564-7632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂 投扇興の会

 さて本日も、まちとびフェスタのパンフレットからのご紹介です。和小物カフェと同日にありますので、一緒に、時間が若干かぶってますが、、、楽しんで頂けたら嬉しいです。
 (以前あった、時間割形式のページが今年無いので、日付から探すことができず、とても見ずらいのですが、、、実行委員の方々、来年はなんとかして下さい~)

※以下、パンフレットより抜粋

神楽坂 投扇興の会

会場  :割烹「加賀」
日時  :10月23日(土) 10時30分~16時
会費  :3,500円

主催  :神楽坂まちづくりの会

 今年は東八拳はお休みです。投扇興だけをゆっくり楽しむ会となりました。午前中の第一部は練習、午後は試合形式で、初心者でも十分に楽しめる内容です。着物での参加、カップルでの参加、大歓迎です。
 紙芝居、ボタン式アコーディオンの出し物もあり。

連絡先:03-5227-2772(サザンカンパニー  長岡)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化け猫パレード

Bakeneko1

 なんと、神楽坂で化け猫パレードがあります!

 期日は10月17日(日) 13時スタートです。猫にまつわる仮装をしていれば誰でも参加できますが、企画されたイラストレーターのおかめ家ゆうこさん作成のオリジナル猫面も数量限定で配布されるとのこと。集合場所は赤城神社。
 参加したい人、観察したい人、撮影したい人、みんなみんな、集合!百者百様の猫をこの目で!

 詳しいことは、下記画像をクリックして拡大するか、こちらへ。

Bakeneko2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫ざんまい展

Neko

会場  :茶館 パレアナ(白銀町、神楽坂交差点の交番を斜め入る)

日程         :10月16日(土)~11月3日(祝) 
営業時間  :月曜休 12時~19時

 茶館パレアナゆかりの作家たちが、猫をテーマに製作の腕を競います。個性豊かな猫達が媚態をもってお待ちしています。
 期間中、御自慢猫のスナップ写真を掲示しますので、御持参下さい。

※追加情報※

 まちとびフェスタ期間中の10月16日(土)~11月3日(祝)、猫に関係するイベントやグッズ、グルメを開催するお店の地図を配布があります。地図を片手に、お店の目印「招布猫」の旗を探して下さい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建築家 隈研吾 × 工芸家・作家 稲本正 対談「新しい神社の杜を考える ~神と人と建築~」

 さて、本日も、まちとびフェスタのパンフレットで見つけた、興味深いイベントのご紹介です。かの隈研吾さんと、オークヴィレッジ代表の稲本正さんとの対談があります。

以下、パンフレットより抜粋です。

建築家 隈研吾 × 工芸家・作家 稲本正 対談
「新しい神社の杜を考える ~神と人と建築~」

会場  :赤城神社「参集殿」
日時  :10月23日(土) 18時開場 18時30分開演
会費  :一般 1,000円 学生 500円

定員  :150名 (当日先着順受付 17時より整理券配布)
主催  :株式会社 粋まち

 「赤城神社再生プロジェクト」デザイン監修の隈研吾氏が、客殿、カフェ、地域貢献ルーム等の内装・家具で神社とコラボレーションした、オークヴィレッジ代表の稲本正氏と、新しい赤城の杜に込める思いを語ります。

連絡先:03-6426-1728

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大野屋@新富町、老舗足袋屋にて

2010100112300000_2 2010100115550000_2

 新富町にある老舗足袋屋さんの大野屋さんです。

 私の足は幅広甲高なため、普通の足袋ではサイズが合わず苦労していました。大野屋さんの既製品の足袋は長さのサイズだけでなく、細め、普通、幅広甲高、さらに幅広甲高といくつか対応してくれて試着して買えるので安心!

 履き心地はサラッとしており、履くほどやわらかく馴染んでくるそうです。

 有名歌舞伎役者さんも御贔屓らしいです。

足袋(梅・幅広甲高タイプ)
1足3150円です。

 場所・有楽町線新富町3番出口を出てセブンイレブンの門を右折。100メートルくらい先の右側です。

若女将 (呉服の田丸屋) 筆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊 アレコレ

Arecole1

 「月刊アレコレ」が届きました。バックナンバーを1冊頼んだだけでしたが、最新号もプレゼントして頂きました♪
 私は、この雑誌のことをNY在住の着物スタイリストのHiroさんのブログで知るまで、すみません、その存在に気付きませんでした。。。読んでみますと、32ページ(バックナンバーは24ページ)の限られたページ数に、着物の現在形、そして、現在を作った歴史、がギュッと詰められた愛らしい雑誌でした。

Arecole2  着物女子(男子も)のココロを掴む、エッセイスト兼イラストレーターのきくちいまさんの連載や、私がこの雑誌を知るキッカケになったHiroさんのような方、着物に仕事や趣味の形で関わる人の物語。ココロだけではなく、アタマにも響く、江戸小紋や家紋の解説、季節折々の日本の伝統色の知識の記事。その他、誂え直しの話など、着物好きは、1ページ1ページ、じっくり楽しめる、読み込める構成になっています。

 月刊、ということを考えると、実に大変なシゴトです。
 arecoleは、現在1冊400円。購読方法は、取扱店舗の店頭を訪ねるか、定期購読のいずれかになります。

Arecole3  とても、個人的な意見になりますが、広告をとって、フリーマガジンになると良いのではないかと思いました。無論、広告とは思えないディレクションで、ですが。
 まぁ、こんな世の中ですので、それは大変難しいことでしょうが、これまでの儀礼的ではなく遊び用途での着物着用者が増えて、その姿を目にする機会が多くなってきた昨今、着物のフリーマガジンがあると素敵だなと思ってしまいます。

 フリーマガジン云々はともかく、arecole、是非、読んでみて下さいね。
 WEBは便利ですが、雑誌としてデザインされた情報はまた別です。それになんといっても、着物の月刊雑誌!毎月、着物への熱がバージョンアップされ、疑問も解決していきますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての組紐 ストラップを作る

 「和・小物・カフェⅡ」も参加しています「神楽坂 まちとびフェスタ 2010」のパンフレットを見ておりましたら、こんな素敵なイベントを発見しました。

※以下、パンフレットより。

はじめての組紐 ストラップを作る

会場  :赤城神社
日時  :11月2日(火) 14時~16時
         3日(祝) 10時30分~12時30分/14時~16時
材料費:2,000円
定員  :各回15名

主催  :道明組紐研究会 道明三保子

 組紐は和に伝統工芸として長い歴史があり、きものの美の要である帯締めに欠かせない優美な絹の文化です。奈良時代の簡単な組み方でストラップを作成し、組紐技術の一端を体験します。丸台を用い、玉に付けた色糸を動かしながら20センチほどを組み上げます。

連絡先:m-domyo●par.odn.ne.jp
     (メールの際、●は@マークに直して下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »