« 月刊 アレコレ | トップページ | 建築家 隈研吾 × 工芸家・作家 稲本正 対談「新しい神社の杜を考える ~神と人と建築~」 »

大野屋@新富町、老舗足袋屋にて

2010100112300000_2 2010100115550000_2

 新富町にある老舗足袋屋さんの大野屋さんです。

 私の足は幅広甲高なため、普通の足袋ではサイズが合わず苦労していました。大野屋さんの既製品の足袋は長さのサイズだけでなく、細め、普通、幅広甲高、さらに幅広甲高といくつか対応してくれて試着して買えるので安心!

 履き心地はサラッとしており、履くほどやわらかく馴染んでくるそうです。

 有名歌舞伎役者さんも御贔屓らしいです。

足袋(梅・幅広甲高タイプ)
1足3150円です。

 場所・有楽町線新富町3番出口を出てセブンイレブンの門を右折。100メートルくらい先の右側です。

若女将 (呉服の田丸屋) 筆

|

« 月刊 アレコレ | トップページ | 建築家 隈研吾 × 工芸家・作家 稲本正 対談「新しい神社の杜を考える ~神と人と建築~」 »

05_小物いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1403085/37048463

この記事へのトラックバック一覧です: 大野屋@新富町、老舗足袋屋にて:

« 月刊 アレコレ | トップページ | 建築家 隈研吾 × 工芸家・作家 稲本正 対談「新しい神社の杜を考える ~神と人と建築~」 »